YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS CP+

<<   作成日時 : 2017/02/25 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 CP+(しーぴーぷらす、+は上付き文字)に行ってきた。

 CはカメラのC、PはフォトイメージングのPで、その名の通りカメラと写真関連の見本市。

画像


 場所はみなとみらいの巨大展示場、「パシフィコ横浜」。
 入場料1500円だけど、事前に申し込めば無料。見たところほぼ全員事前に申し込んでいるようだ。
 もちろん私もその一人。

 入口で簡単な人気投票をするだけで、レンズ拭きが貰えた。
 もしかして、一回りしたらお土産てんこもり!?という野望を胸に中に入る。


 展示はニコンやキャノンなどのカメラメーカーのブースがメインだけど、レンズメーカーや付属品メーカー、画像処理のソフトメーカーも出店している。

 あちこちのブースでセミナーや撮影会をやっていて、有名・無名のカメラマンが講師をしていたけど、私が知っていたのはこの人くらい。

画像


 NHKで鉄道番組に出ている中井さんという人。
 彼の写真は特に好きでもないけど、テレビに出ている人に普通に会えるって、やはり関東はスゴイなと思う。

 Adobeのブースで話をしていた人は、服装から身振りからまるっきりスティーブ・ジョブス。
 あのスタイルも、いいかげんお腹いっぱいだよ。

 客層は、おじさん&男子が8割、私のようなおばさん&女子&子供が2割くらい。意外にも、一人で来ている女の子が多い。
 おじさんたちは、少なくない数が「それは一式100万以上ですね」みたいな立派なカメラを肩から下げているため、うっかりぶつからないようこっちが気をつかう。
 そして彼らはキレイなモデルさんの周りにごじゃーっと集まり、フラッシュの嵐。
 キモいおっさんたちに肉薄されても笑顔を絶やさないモデルさんたち、プロだわ〜!


 私はそもそもカメラに詳しくないし、今は一眼レフも持ってないので、ただの冷やかしさん。
 それでも発売前の新製品に触れたり、20万円もする双眼鏡を覗けたり、写真うつりのいい化粧を学べるコーナーもあったりと、素人でもそれなりに楽しめる。
 
画像
キャノンの鉄道夜景ジオラマブース


 二時間ほどで、全部まわって見学終了。
 もっと色々物が貰えるかと思ったけど、名前や連絡先を書かないとダメなところが多く、そういうのはお断りしたので、ほとんど何ももらえなかった・・・。ま、もともとタダで入ったからいいか。



 パシフィコ横浜はインターコンチネンタルホテルのお隣、横浜港に面した一等地。

画像

画像

画像


 後ろ側には公園が広がり、ベイブリッジも一望。
 まわりは高層マンション街。駅も近いしこの景色、いったい幾らするのか・・・(´∀`;)


 この日、隣りの国立大ホールでは、急死した「エビ中のなんとかさん」のお別れ会をやっていた。
 お花を持って沈んだ面持ちの人たちと、カメラを持って浮かれた感じの人たちが、まじりあって駅から歩いていく様子は、なんとも変なものだった。



☆おまけ☆

大倉山にあるカフェのミモザ。
春ですねぇ〜。
画像






 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
CP+ YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる