YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS GRANDRIVE

<<   作成日時 : 2017/10/14 22:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 雨交じりの土曜日。

 やってきたのは横浜の南隣、横須賀市。

画像

画像


 日産追浜(おっぱま)工場に隣接するテストコース、GRANDRIVE(グランドライブ)。

 この日は日産の「新技術体験試乗会」。テストコースで色々な車に乗れる!という乗り物好きにはたまらないイベントなのだった。

画像


 このイベントは8月に横浜駅前のグローバルギャラリーに行ったときポスターで見かけ、グランドライブって何?とのぞき込んでいたら、「まだ空きがありますよ」とフェアレディに勧められて申し込んでおいたもの。

 イベントホールに集まったのは30人弱。
 男一人、男二人組、男女ペアが同じくらいの割合。

 「常に二人一緒に車に乗る」で申し込んでいたが、当日キャンセルが出たらしく、「別々にすべての車種を運転できますよ」と言われる。

 魅力的な申し出だったけど、ここのところペーパードライバーの私には一人で未知の車を運転する自信がなく、当初の予定通りペアでの搭乗を選んだ。


 コースは一周4キロ弱。

画像


 最初に全員集めての説明会があり、「コースの写真は撮るな、SNSにもアップしたりしないでくれ」ということだった。
 今どき空中写真や衛星写真でいくらでも見れそうなものだけど、まあルールはルールだ。

 参加者を2グループに分け、ノートe-ROWERやセレナの自動運転を試す「新技術体験」と、GT-R、シーマ、エクストレイル、リーフの「人気車試乗」を代わりばんこに行う。

 私たちは、「新技術体験」から。
 セミナールームでe-ROWERの説明を受けてから、ノートに試乗。
 一応書いておけば、ガソリンで発電してモーターで車を動かすのがe-ROWERの仕組み。
 普通にガソリンスタンドで給油するが、エンジンはあくまで発電のためだけに使う。
 もちろん、燃費はガソリン車よりもいい。
 
 コースにはノートのほかになぜかトヨタのアクアも置いてあり、ハイブリットとe-ROWERを乗り比べてみようという趣向だった。

 黒猫はすでにみなとみらいでノートの試乗をしたことがあるので、これは私が運転。

画像
(写真は以前別の場所で撮ったもの)


 久しぶりの運転で、かなりキンチョー。

 運転席に収まったものの、メーターパネルは表示が色々あって何が何だかわからないし、シフトノブも饅頭みたいな形で、操作方法不明・・・。

 隣りに黒猫がいなければ、発進すらできないところであった。
 (よく見たらちゃんと説明書きがされていたけど、それに気づく心の余裕もなかった)

 ドアポケットに無線機が仕込まれており、先導車からの指示でスピードを上げたり、走行モードを変えたりしながら走る。

 コースは高速道路のつなぎ目の段差を模したものや、ひび割れ舗装、波打った路面など、一般道の色々な路面を再現してあり、市街地走行と変わらない乗り心地が試せるようになっている。

 800メートルのストレートコースでは、「一気に80km/hまで加速してください」と無線が流れ、思い切り踏み込む。
 うひー、快感♪
 
 一周して出発地点に戻ると、次は乗り比べでアクアへ。
 トヨタ車、しかもアクアって・・・どうでもいいけど・・・そういえばハイブリット車も運転したことがないので、一応乗ってみる。

 結婚してからほとんど日産車しか運転していないため、シートやハンドリングに違和感がある。
 乗り比べ、といっても何をどう比べるのかいまいち把握できないまま、これも一周して終了。



 次はいよいよ「人気車試乗」!
 車のラインナップは、人気車種と、「試乗したいけどディーラーで頼むにはちょっと」な車種であるとのこと。
 さすがに買う気もないのにシーマを運転させろ、とは言えないもんね。

画像
リーフとシーマ、シーマの奥がセレナ


 私たちに割り振られた運転の順番は、
  シーマ → GT-R → エクストレイル → リーフ
 だった。

 ここからは黒猫が運転。
 先導車と上記の4台が一列に並んで走り、一周ごとに次の車に乗り換える。
 


 最初はシーマ
 シーマと言えば、初代が発売されたバブル期に、「シーマ現象」と言われるほどバカ売れした日産の高級車の代名詞。
 現行シーマは5代目。

 
画像


 シーマはさすがに走りもハンドリングも乗り心地もラグジュアリー。
 久しぶりにこんな高そうな(実際高い)車に乗ったわ〜。
 でもこれ、自分で運転するんじゃなくて、後部座席でくつろぐ車ね。



 お次は待望のGT-R

画像
これに乗ったよ!


 なんかもう、乗るだけでワクワク。

画像


 すでにコースを3度周回してるので、余裕をもって運転できる(黒猫が、だけど)。

 無線で「コーナーを曲がったら50km/hに上げて」と言われるが、ん?50って・・・

画像


 何じゃ〜このスピードメーター!
 50キロって、こんなとこ???
 市街地走行では、メーターが下の方をちょろちょろするだけ・・・
 それに最高速度340km/h ・・・ (・∀・;)
 ありえーん!!

 ストレートでは「100km/hまで一気に加速してください」と指示される。
 ちょいっとアクセルを踏むだけで、何の抵抗もなく、一瞬で100キロ!
 シーマの時は、もう少し加速感を感じたのに・・・。 
 振り返れば、すぐ後ろを走っていたはずのシーマがぶっちぎれていた。

 あっという間に出発地点に到着。
 一周ではとても足りないよ〜!



 次の車はエクストレイル
 これも黒猫に運転してもらう。
 札幌で一度試乗しているので、特に目新しさはない。

画像


 エクストレイル、総じていい車なんだけど、何しろGT-Rのあとでは、ほめようがない。
 車高が高いので見通しがよく運転しやすいが、私の感覚では車体が大きすぎる。
 普通に一周回っておしまい。



 最後は電気自動車、リーフ

 先日新型が出たばかりで、それに乗れるものと楽しみにしていたのに、「新型車は今回間に合いませんでした」ですと!?
 期待していただけにちょっとガッカリ。
 旧型は深海魚みたいなデザインがあまり好きではないけれど、黒猫は乗ったことがあるのいうので私が運転することにした。

 シフトノブは、ノートと同じ饅頭型。
 さっき練習(?)したから、余裕をもって運転できる!

 電気自動車というと、ガソリン車に比べてパワーが劣るような気がするけど、それは大いなる誤解であった。

 アクセルを踏むと、予想以上にスムーズな加速。
 ハンドリングにブレがなく、足回りもしっかりしていて、バランスが良くとても運転しやすい。

 今更ながら、「リーフ、いいじゃんっ!」。
 新型じゃなかったのが、ますます悔やまれるのであった。



 このあとはまた「新技術」に戻り、セレナで「自動運転」を体験。

 自動運転はボタンが色々あるため、助手席にインストラクターがついて運転する。

 前の車を追尾しながら、ボタンをポチッ。

 「アクセルから足を離して、いつでもブレーキを踏めるように足を置いてください」って・・・足の置き場に困るけど!

 ハンドルは勝手に動くし、車間が詰まるとこちらも減速。
 ハンドルはちゃんと手を置いていないと警告音が鳴るため、手のひらの下で勝手に動くのを我慢していなければならず、生理的に気持ち悪い。

 追突事故が減るいい技術なのだろうが、私は要らないかな。
 最初から最後まで運転してくれるなら話は別だけど。

 ちなみに、高速道路上では実際に使えるらしい。
 一般道は歩行者の予期せぬ動きが多すぎて、まだ無理なんだとか。




 以上で体験会は終了。
 三時間ちょっと、楽しい時間を過ごした。
 そうそう、もちろん無料である。
 横須賀まで来るのが大変だけど、家からは一時間、まったく問題ない。
 数少ない、「横浜に住んでよかった」と思える日であった。


 今回貰ったノベルティはこちら↓
画像

 
 水の蓋がね・・・

画像


 スピードメーターなのだ。



 運転は去年長野に行った時以来だったけど、久しぶりに乗ったらやっぱり楽しい。
 そして、歩行者も二輪もいない道というのは、何と走りやすいのだろう〜と思った。
 
 宝くじが当たったら、絶対にGT-Rを買うぞ!




☆おまけ☆

 お昼ごはんを探して、横須賀の市街地へ向かう。

画像

画像
 
 
 横須賀名物、海軍カレー。
 1300円は高いよ!と思ったけど、記念に食べた。

 「スカジャン」も名物だけど、さすがに買わないな・・・。
 (どんなものかは検索してみてね)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
GRANDRIVE YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる