YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山に登る 前編

<<   作成日時 : 2017/11/19 22:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 気圧配置は西高東低、バリバリ冬型の日曜日。

 早起きして東名高速を西へレッツゴー!

画像


 おおっ、富士山白い〜。
 
 私たちの目的地は、右の山。

画像

 
 関東平野の西にある、丹沢山地の「大山(おおやま)」。
 全国的にはほぼ無名であるが、江戸時代は「大山詣り」という参詣イベントで盛り上がった信仰の山らしい。
 特に、伊勢までは遠くてとても行けない関東の女性陣には人気があったそうだ。

 厚木インターで降りて、山麓を目指す。
 細い谷を上り詰めたところがケーブルカーの下駅なのだが、予想通り一番近い駐車場はすでに満車、そこから600m下の駐車場も、私たちが停めた後、5台ほどで満車になった。
 あぶないあぶない、私たちも駐車場難民になるところだった。
 ちなみに時刻は朝8時。
 始発のケーブルカーが8時半なのに、すでに満車ってどういうことよ・・・。

画像


 本日のコースは、ケーブルカーで上がり、時計回りで山をめぐる予定。

 駐車場から、ケーブルカーの下駅をめざす。

画像


 一番山に近い駐車場。
 路線バスもここが終点。
 トイレや観光案内所がある。
 けっこう外国人が多いと思ったら、「ミシュラン・グリーンガイド1つ星」だったのね。

 ここからは、「こま参道」という土産物街を通り抜けていく。

画像


 延々と階段と坂道が続く、こま参道・・・。
 すでにキツいのですが・・・

 息を切らしながら15分登って、やっとケーブルカーの下駅到着。

画像


 やっぱりここも長蛇の列。
 見たところケーブルカーは一両、詰め込んだとしても、2回は待たないとかな。
 発車は20分おきと書いてあるから、下手すると一時間待ち・・・?
 横の女坂を登っていけば、一時間くらいで上駅に行けるみたいだけど、ここで体力を使っては山頂制覇はおぼつかないぞ・・・とアレコレ考える。

 始発が発車したところで、「8分間隔でピストン輸送します」のアナウンスが。
 あー、良かった。
 結局15分ほど待っただけで、ケーブルカーに乗れた。

画像

画像

画像


 ケーブルカーは、階段状に座席が並び、下向きに座るようになっている。
 運よく座席に座れたが、立ってる人がたくさんいるので景色はお預け。
 あっという間に山頂駅到着。

画像


 駅から始まる参道は、大山阿夫利(あふり)神社への道。
 ここも階段か・・・。

画像


 大山阿夫利神社。
 創建は二千二百年前とか・・・少なくとも奈良時代には霊山として栄えていたようだ。

画像


 境内からは、相模平野が一望。
 遠く房総半島と太平洋も見える。
 これは山頂の景色が期待できるわ〜。

 登山口は、本堂の裏手。
 100円払って幣で邪気を払い、いざ登山口へ。

画像


 いきなり急階段を直登!!

 高低差は激しく苦手な私。
 呼吸器系が弱いため、酸素不足で貧血にならないよう、ゆっくりゆっくり登る。

 しばらく階段が続いたあと、普通の登山路が始まる。
 これも、けっこうな急斜面・・・。
 自然石で段差を作り登りやすくしてあるが、一段一段が高く、体を持ち上げるのに一苦労。

画像


 何度も休みながら、稜線の富士見台到着。
 しかし、富士山は見えなくなっていた・・・そういえば、ずいぶん雲が出てきた。

 尾根道も、ひたすら登り。

画像


 私が非常に遅いペースなので黒猫に先に行ってもらうが、一人になったとたん、今度は通りすがりの山慣れたおじさんたちに声をかけられる。
 「大丈夫ですか?足くじいたりしてません?」
 「辛そうだね〜山頂まであと少しだから頑張って!」
 おそらく、自分の体力を知らないおばさんが無謀な登山を試みたと思われたのだろう・・・。

 上で見ていた黒猫曰く
 「フラフラして倒れそうに見えた」とのこと。
 そりゃ声かけられるわ・・・。

画像


 最後の石段を歯を食いしばって登り・・・

画像


 やったー!
 山頂到着!!


<後編に続く>





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)
大山に登る 前編 YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる