YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS ご近所探索シリーズ 新横浜編

<<   作成日時 : 2017/11/25 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



 大山登山から一週間。まだ筋肉痛〜 

 リハビリを兼ねて、前から気になっていた「小机城址」に行ってみた。


 小机(こづくえ)とは、新横浜の隣りにある駅周辺の地名。
 菊名乗り換えでJR横浜線小机駅まで行く。

 ビルやホテルの立ち並ぶ新横浜駅からたったひと駅なのに、駅前は畑が広がりローカル感満載。

画像
小机駅舎から見た小机城址のある丘


 小机城址は、鶴見川に突き出た半島状の台地の上にある。
 標高は40メートルほど、ちょっとした高みでしかない。
 このあたりはそもそも「山」と呼べるものがないので、三方を鶴見川と低湿地に囲まれたこの丘は、城砦好適地だったのだろう。
 (ちなみに、港北区の最高地点は53メートル、横浜市全域でもたったの159メートル)


 住宅街の奥に山への入口があり、階段を上ると、いきなりこの景色。
画像

 孟宗竹の竹林。
 かなり手入れが行き届いている。

 さらに登っていくと、大きな窪地が。
画像

 空堀であるらしい。
 わざわざ掘ったのかー。

 空堀を回り込んで進むと、本丸到着。
画像

 城跡を偲ばせるのは何もなく、がらんとした広場があるばかり。



画像


 説明板によれば、この地に城砦らしきものを最初に作ったのは関東管領だった上杉氏。
 その後、後北条氏(早雲の家系)のものとなり、秀吉の小田原攻めの際に落城。
 続く家康の時代に廃城となり、そのまま数百年過ぎた城跡は、地元民以外には忘れ去られていたらしい。

 そのため、第三京浜の建設にあたっては、城山のど真ん中をバッサリ削られている。(上の想定図、縦に入る二本線が第三京浜)
 もう少し名の知れた城跡だったら、トンネルにするとか少しは気をつかってもらえただろうに・・・。

 第三京浜のガード下をくぐって、反対側の城跡に登る。

画像

 
 こちらは細長い尾根の上に、明らかに盛土とおぼしき小山がある。
 山の上には「富士仙元大菩薩」の石碑が。
 仙元は・・・浅間(せんげん)だろうか?

 これって、関東の至る所にある「なんちゃって富士」?

 想定図では櫓台となっているので、元々の用途とは別に「富士山の形だから、〇〇富士でいいや」と後世の誰かが石碑を建てた、みたいな話だろうか。

 今ではもじゃもじゃと生えた樹木や竹林に覆われて周囲の展望も叶わないが、城砦を作った当時はさぞ見晴らしのいい場所であっただろう。

画像
藪の間から望む日産スタジアムと新横浜市街



 小机城址を後にして、畑の間を日産スタジアム目指して進む。

 日産スタジアムは鶴見川の河川敷にあり、周囲は公園として整備されている。
画像


 近づいていくと、手前のサッカー場に練習する一群が。

 遠巻きに見ている観客が持っているのは、トリコロールのタオル。
 ん?マリノスか!?

画像


 いた〜中澤!髪型ですぐわかる。
 スタジアムの横が練習場とは、いい環境だ。


画像


 日産スタジアムの地下部分は、いわゆるピロティ構造。壁がほとんどない。
 これは洪水時に地下部分に水が入れるようにするため。

 まわりの公園も同じで、この秋の大雨では実際に公園の一部に鶴見川の水を溢れさせたらしい。
 おかげで隣りの多摩川ほど増水しなかった。

 スタジアムのテラスに上がると、遮るものがなく見晴らしがいい。

画像


 この時期は、雪をかぶった富士山が良く見える。
 富士山の手前、黒々とした丹沢山地の一番左端のピークが、この前登った大山だろう。

 それにしても、毎日晴天、湿気はこれっぽっちもなく、散歩が楽しい。
 あと四か月、外出を楽しまなければ 



☆おまけ☆

画像


 小机城址に咲いていたオトメツバキ。
 関東以南の何がすごいって、真冬でも、色々な花が咲いていること。
 常緑樹もこれでもか!ってくらい緑が濃くて自己主張が激しく、時々雪が降った朝の白さと静けさが懐かしくなる。




画像

 
 横浜天然記念物「百枚皿」。
 ウソだけど、こんなに立派に成長したやつは、めったにお目にかかれない。
 日産スタジアムの管理者、階段補修はしないのだろうか?




画像


 竹林にあった掲示板。
 「日本の竹ファンクラブ」って・・・そんなのあるのか?
 世の中には私のファンクラブもあったりして





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ご近所探索シリーズ 新横浜編 YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる