YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS チバニアン

<<   作成日時 : 2018/01/02 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



 正月二日。

 早起きして千葉方面に向かう。

 アクアラインに乗るため、家から川崎方面へ。
 今日は箱根駅伝の日だから、ぼやぼやしていると国道をすんなり横断できなくなる。

画像


 東海道本線と国道15号をくぐると、急に渋滞が・・・。
 駅伝にはまだ早い時間なのに、何だろ?

画像

 
 引き込み線みたいなこの線路は、京急大師線か・・・
 大師って・・・

 うわー、川崎大師(だいし)の初詣渋滞!!
 ぜんぜんノーマークだったわ!

画像


 こんな巨大な駐車場があるから、みんな車で参拝に来るのか〜。
 それに、駐車場のど真ん中にある、オリエンタルな建物はなに!?
 ホンモノの川崎大師がどんなものか、一度は見に行ってみないとな・・・(もちろん電車で)。


 アクアラインは、ガラガラのスイスイ。
 
画像
アクアラインは半分トンネル

画像


 ・・・と思っていたら、やっぱり海ほたるは駐車場渋滞だった。
 相変わらず人気なんだな〜。

 車を停めて、展望台へ。
 風が強く、かなり寒い。

画像

 
 おおおーっ、絶景!!
 一富士二鷹(飛行機だけど)って感じ!

画像

画像

 
 関東の名峰・筑波山も、スカイツリーもばっちり。
 

 さて、絶好のドライブ日和に、東京湾を渡って何しに来たかというと・・・

画像


 フォッフォッフォッ。
 去年科学界の十大ニュースに躍り出た、「チバニアン」。
 妖怪でもゆるキャラでもなくてよ〜。

 県道から小道を入って、田淵会館という集会所前が駐車場。
 けっこう人気があるのか、警備員もいたし仮設トイレもあった。

画像


 駐車場には看板とリーフレットが置かれているが、いやコレ、ある程度予備知識がないと、何がどうなのかさっぱりわかんないよ?
 とりあえず、先に進もう。

画像


 駐車場から川までは、200メートル強。
 長靴を履いて下りて行く。

画像


 滑りやすい斜面を、竹の手すりを頼りに下りると、養老川の川床に出る。

画像


 こちらが、露頭全景。
 メインの部分(全景の左上部分、下の写真)は、見学用の通路工事中のため、近寄れず。

画像


 私も専門外ながら(専門が何かはおいといて)解説すれば、赤い杭の部分が逆磁極期の地層、上の緑の杭の部分が現在と同じ正磁極期の地層、間の黄色の杭の部分が移り変わる時期の地層、となる。

 「正磁極期・逆磁極期」というのは、ざっくり言って地球のN極とS極がどっちにあるかということで、現在と同じ(コンパスのN極が概ね北を指す)なのが正磁極期、現在と反対向きなのが逆磁極期である。磁極が逆転する現象は過去360万年間に11回確認されており、ここにあるのはその最後の逆転を示した地層なのだ。

 これを「発見」したのは日本人の松山先生という人。
 高校地学で習う、超有名人だ。

 そんでもって「チバニアン」が何かというと・・・

 二十世紀の終わりごろから、地球上の地質年代及び名称を統一しようと動きが出てきて、最も古い時代から現在までを一列に並べた年表のようなものが作成されてきた。
 それがコチラ↓
画像
けっこう細かく分かれている


 ここでは年代別に四列に分けられ、左上の薄黄色が現在(新生代第四紀完新世、11700年前以降)、右下の紫色が一番古い年代(冥王代、40億年前以前)である。
 (見えてないけど)大きなくくりでカンブリア紀とか白亜紀とかあり、それぞれさらに細かく分けられ名前が付けられている。

 このうち、現在に近い部分を拡大したのが下の図↓
画像


 例えば「更新統/世」の右端のところにある小さな数字が〇〇百万年前という意味で、「ジェラシアン」「カラブリアン」というが「その時代の名称」を示している。
 カラブリアンの横にある「1.80 、0.781」という数字は180万年前と78万1千年前、つまりこの間に堆積した地層あるいはその間の時期を世界中どこでもカラブリアンと呼ぶわけ。
 そしてカラブリアンという名前は、イタリアのカラブリア州に「この時代を代表する地層」があると認定されたことによる。

 ここで表をよく見ると、カラブリアンの上の「中部/中期」には、名前が付いていない。
 つまり、今現在、この部分を代表する地点が、まだ決まってないということ。

 そこで!
 名乗りを上げたのがこの場所!
 ちょうどこの時期の境目にあたる地層が「連続して堆積」(←ここ大事!)していて、年代も明確。
 「チバニアン」として認定してくれ〜!!ってわけ。

 上の表によれば、100個以上の名前が付けられているけど、この中に日本の名前はゼロ。
 ここでチバニアンが認定されれば、まさにオリンピックの金メダル級の出来事になるのだ。

 世界中、どこでもこの時期はチバニアン、「千葉の時代」と呼ばれるのです!
 千葉県民にとってはこれ以上の慶事はないんじゃないだろうか?  


 この露頭は天然記念物に指定されるらしい。
 水を差すようだが、観光地としてはかなりいまいちだと思う。
 ここに来たところで、地層の年代も、地磁気が逆転しているのかもまったくわからないし、「地層」としても地味〜なうえ、川の景色も渓谷美とかには程遠いので、リピーターは限りなくゼロに近いだろう。

 それに、ここの「価値」をかなりの人々が誤解しているようだ。
 恩師がTwitterに書いていたように、「古地磁気が逆転」していることを確かめにコンパスを持ってきている人もいて、素人にはそこから説明しないといけないのか・・・と思った。
 間違っても「地球のパワーを感じますね!」とか「この場所に行くと、地磁気が逆転してるんです」等というネットに溢れる似非科学を信じてはいけませんよ〜。


☆おまけ☆
画像

 ここの地層はシルト岩。
 岩といってもとても軟らかく、川底も変な形に削られている。


画像
 
 「千葉時代」のラテン語表記は、「チビアン」というのが正しいらしい。
 しかしそれでは「千葉」が生きないため、形容詞的に使って「千葉の時代」=チバニアンとしたそうだ。


 何か、今回は硬かったな・・・。(反省)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
チバニアン YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる