YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS 山手元町界隈さんぽ

<<   作成日時 : 2018/03/17 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



 陽気に誘われ、電車で元町方面へ。

 太陽はギラギラだけど、気温は10度ちょっとと絶好の散歩日和。


 まずは中華街で軽く(といってもズッシリだが)麺類を食べ、元町から汐汲坂を上って山手に上がる。

 坂の上は、フェリス女学院や横浜雙葉というような有名学校や、教会、異人館のほか、「いったい固定資産税は幾らなんだ?」というような高級邸宅が立ち並んでいる。
 お金持ちで、かつ東京に通勤しなくて良ければ、私も住みたいロケーション

 
 異人館の一つ、ベーリック・ホール。
画像


 イギリス人貿易商のベリック(Berrick)さんの邸宅として1930年に建てられた建物。昭和だから、意外と新しい。
 山手にある異人館の中では、最も大きいらしい。
 道路に面した前庭も広々。
 この日は中で結婚式をやっていた。


画像


 こちらはエリスマン邸。
 エリスマンさんはスイス生まれで生糸貿易会社のお偉いさん、建物は大正末の建築。
 前庭のユキヤナギがいい感じ。


 他にも「外交官の家」とか「山手○○番館」などがあり、横浜市の公益財団法人が管理しているためどこも無料で見学できる。
 このうち6か所では、「西洋館ウェディング」ができるようで、ウェブサイトによれば毎月数件実施されているらしい。

 実際、山下公園や大桟橋でドレスのカップルがウェディングフォトを撮っているのをよく見かける(恥ずかしくないのかな・・・と昭和生まれは思う)から、この界隈での結婚式は人気なのだろう。
 この日は友引だったこともあり、街のあちこちで結婚式の招待客を見かけた。


 外人墓地まで来ると、いつもは閉まっている入口に募金箱が。
 「募金をすれば見学できる」という日だった。お彼岸近いのと何か関係あるのかな?

 外人墓地の生け垣が刈られたままだったので、沿道からも墓地が良く見える。
 ふと遠くに目をやると・・・
画像

 へえ〜、丘の上からはこんなふうに見えるんだ〜。


 道の突き当たりが、港の見える丘公園。
画像

画像

 たぶん、夜景がダントツに綺麗なのだろうが、今まで一度も夜に来たことがない。


 フランス山の脇を降りて行くと、斜面の下に何やら不思議なものが・・・。
画像

 神殿風の建物に、その椅子の並べ方・・・チャペル?

 角度を変えて見てみると、
画像

 うひゃー、レストランウェディングのお店!!
 そりゃあ確かにベイブリッジが見えるけど、のり面の方がインパクト大だよ〜!!
 土木関係者以外は別に気にもならないのかな・・・?


 元町に戻ったところでお茶タイム。
画像

 実は初めての「コメダ珈琲」。
 札幌にいたころはまだ無かったし、こっちに来てからも縁がなかった(郊外店が多いから)。

 気になっていたシロノワール・・・
 デニッシュパンといいながら、ほとんど揚げパン?
 そしてソフトクリームにシロップどっさり。
 くひー、超高カロリー!
 美味しいは美味しいけど、うーん、一度でいいか・・・。


 元町の老舗でお買い物もできて、充実したお散歩デイであった。
 ちなみに、東京ではソメイヨシノが開花。
 横浜は明後日の予報〜




☆おまけ☆

 山手にある電話ボックス。
画像

 1990年に復元されたもので、実際に使える。


 同じ通りにあるプラムの木。
画像

 遠くから「梅かな?桜かな?」と思いながら近づいたら、プラムと書いてあった。
 梅よりちょっと華やかな感じ。


 気象台前にはモクレンも。
画像

 横浜気象台は港の見える丘公園の入口にあり、前庭が庭園風に整備されている。
 しかも、敷地内に官舎と思われるアパートが・・・気象庁職員はこんな一等地に住めるのか?






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
山手元町界隈さんぽ YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる