2007年スイス旅行記その16~チューリヒに戻る

朝からまた雨。昨日晴れたのはラッキーだったようだ。

今日は夕方までにチューリヒに着けばいいが、この雨ではどうしたものだろう、と朝食を取りながら考えていると、食堂に賑やかな一団が入ってくる。どうやら昨夜廊下で騒いでいた人たちのようだ。顔を見てびっくり!ゴルナーグラート鉄道で乗り合わせたドイツ人軍団ではないか。もちろん、あのゴリラチックなおばちゃんが今日も陣頭指揮をとっている。ツェルマットを一日遅れて発ったか、途中どこかへ寄ったかなのだろう。スイスも狭いなと思った(実際広くはないよね)。

チェックアウトして駅へ向かい、AM9:17発のクール行きに乗る。入線してきた列車は、編成が恐ろしく長い。真ん中から後ろは、あれ?新型氷河急行だ!列車を待っていたまわりの人たちもあれれ、という感じでわらわらと前の普通列車ほうへ走る。仮にも(スピードが遅いとはいえ)完全予約制の急行に普通列車の編成を合体して走らせてしまうなんて、日本の常識では考えられない。合理的というか、経済的というか、ちょっと笑ってしまった。

画像
後ろ6両が新型氷河急行


今日はスイスパスを使う日なので、一等車に乗り込む。隣りのボックスは日本人の老夫婦。夫はずっとガイドブックや時刻表を繰り続け、妻は仏頂面でお互いクールまでの二時間ほとんど無言だった。スイスまで来て喧嘩でもしたのか、普段から会話のない夫婦なのか?(だったらわざわざスイスまで一緒に来るかな)

普通列車は一等でも窓が開くので、氷河急行とは違いガラスに邪魔されることなく写真が取れる。しかし雨のためか誰も窓を開けておらず、心置きなく写真を撮るためデッキに出る。デッキの窓は上下に開き、上半身を乗り出して写真を撮れる。

フィリズールを過ぎて、トンネル。それを抜けると、パーッと光の中、そして目も眩むような谷の上!そう、一昨日写真が取れなかったラントヴァッサー橋である。デッキの窓から立ったまま下を見ていたので、恐ろしいほどの高度感。線路は橋を渡るやいなや次のトンネルに入るので、シャッターチャンスは一瞬!

画像

こんな時シャッターのレスポンスが悪いコンパクトカメラはつらい。なんとか、雰囲気のわかる写真は撮れたかな。

途中、何があったということもないが、クールには5分くらい遅れて到着した。もともとクールでの乗換え予定の特急まで6分しかみていなかったので、スーツケースを引きずって慌てて隣りのホームに停まっていたチューリヒ行きに飛び乗る。だが、今度はこちらがなかなか発車しない。どうやら、お客が全員乗り換えるまで待ってくれているようだ。大きな荷物のお年寄りも、ベビーカーの母親も慌てずに乗車できる。定時運行という命題に縛られた某国の元国鉄では考えられないお客重視の姿勢である。(ついでにいうと、チューリヒにはなぜか時刻表通りに着いた)

クール発の特急は、二階建てだった。スーツケースがあるので、一階席に座る。これもガラガラ。動き出す直前、大柄な女性が大型犬を連れて入ってくる。小型犬主体の日本ではちょっと見かけないような大きいコリーで、犬の苦手な私はざーっと鳥肌。それも、ほかに乗客もいないのにすぐ隣のボックスに座らなくても・・・。しかし利口な犬のようで、女性の足元にうずくまったきり一度も吼えることもうろうろすることもなかった。家の周りを散歩している犬たちも、このくらいちゃんとしつけられていたらいいのに。

走り出してすぐ、滝のような雨に変わる。特急なので、マイエンフェルトの駅は通過。有名な「ハイジの里」に寄らないのももったいないなと思っていたが、どのみちこの天気では散策もできなかったと自分を納得させる。

昼過ぎにチューリヒ到着。小雨の中をスーツケースを引きずってホテルに向かう。到着日とおなじリマトホフ。荷物だけ預かってもらう予定だったが、ラッキーにも部屋に入ることができた。身軽になってまた駅へ戻る。

スイスパスをフル活用するため、チューリヒから列車で一時間ほどのシャフハウゼンに向かう。目指すは「ラインの滝」。

チューリヒ駅のホームに行くと、端のホームに初めて見る形の特急が停まっている。ドイツ国鉄のICE。チューリヒからシャフハウゼンを経由して、ドイツの国内へ行くようだ。駅員さんに聞くとスイスパスで大丈夫というので、さっそく一等車に乗車。
画像

画像

この車両の一等は、日本ならさしずめ新幹線のグリーン車(乗ったことないけど)。シートが立派なうえ、席の間隔が恐ろしく広く、席と席の間に一人用テントが張れそうなほどである。車両内部には荷物置き場にコート掛けコーナーまであり、席においてあるリーフレットには、車両の説明から各駅での乗り換え案内(○○行きは何時何分、何番ホーム)まで網羅されているという気の配りよう。これがドイツの国民性というものなのか。

席について外を見ると、少し離れたホームにはフランス国鉄のTGVが。前にパリ北駅で見たのとはロゴが違うようだけど、路線によって違うのかな?単に5年以上前だったから?何にせよ、一度に色々な列車を見れてかなり幸せな気分である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0