烏に単衣は似合わない を読む

 この本は「松本清張賞受賞作」。
 彼の作風からして社会派本格推理小説に与えられる賞だろう…と思った人々を、いい意味で裏切ってくれる小説である・・・・・・と新聞の書評に書いてあった。


烏に単は似合わない (文春文庫)
文藝春秋
2014-06-10
阿部 智里


Amazonアソシエイト by 烏に単は似合わない (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 そもそもノーベル賞作家だからとか売れてるからという理由では、本を選ばない私。
 松本清張賞がどんな賞か今まで考えたこともなく(そんな賞があることも知らなかった)、そこに惹かれたわけではないけど、「異世界ファンタジー」と「松本清張賞」の関係がどうも気になって、つい買ってしまったのがこの本。

 舞台は日本の王朝時代風異世界で、登場人物がすべて「八咫烏(やたがらす)」。登場人物じゃなくて登場烏か…。
 現在シリーズが4冊上梓されていて、これはその1冊目。
 宗家の日嗣の御子のお妃候補四人が一年にわたって繰り広げる宮廷絵巻と、お妃を自家から擁立したい四家と宗家の人々の暗躍が本書と次巻のテーマ。
 お妃候補たちを取り巻く世界は、数々の王朝物語のエッセンスが詰まっている。東家の侍女の名前が「うこぎ」であるのは、落窪物語の「あこぎ」が原型か。それなら東家の姫が落窪姫のように幸運をつかむはずだけど…と思わせるところが、おそらくこの作者の上手さなのだろう。

 ちょこちょこ事件が起こりながらも、さしたる驚きもなく話は進んでいき、「どこが松本清張…」と三回くらい思ったところで、意外な展開。トーンもがらりと変わり、読者を唖然とさせる結末が待っている。
 なるほど、ここが松本清張なのか…?という何だか釈然としない気分であるものの、話は十分面白い。

 続く2冊目、「烏は主を選ばない」は、この間の状況を日嗣の御子側から描いたもの。こちらはテンポが良く、アクションも十分で、同時に1巻目の謎解きの役割も果たしている。


烏は主を選ばない (文春文庫)
文藝春秋
2015-06-10
阿部 智里


Amazonアソシエイト by 烏は主を選ばない (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 作者は受賞当時、現役女子大生だったとのこと。よく読めばプロットに甘さがあったり会話文がこなれてなかったりと若書き感が目立つが、それを差し引いてもストーリーテラーとして上手い。

 「八咫烏」世界はまだアウトラインの説明がなされただけで、「金烏(きんう)」の実態も、天狗といわれる種族も不明のままだ。
 これまでの4冊に続き、おそらくあと数巻は出るであろう、いや、出てくれなければ困る(ジャンプの連載のように、エンドレスで続かれても困るけど)。
 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0