雪とともに去りぬ

 今日でアルバイト先を辞めた。 

 ずいぶん働いたな~とは思っていたが、きちんと調べたら実に17年も勤めていた。
 
画像


 先日盛大に送別会をしてもらった上に、今日もたくさんのプレゼントを頂いた。冗談じゃなく、引っ越し荷物二箱分にはなった。
 辞めていくのに、なんだか申し訳ない・・・
 あまりに恵まれた職場だったので、実のところ名残惜しい。

 でも、人生とはそういうものだ。
 「今」を留めることはできない。 



 アン・シャーリーの言葉を思い出す。

 「今は曲がり角にきたところ
    その先には、何か『良いもの』が待っていると思うの」