気温34℃、室温27℃。そして・・・

 昨日は今年一番の暑さ、37.4℃ だった。

 最初の頃は30℃で死んでたけど、だんだん慣れてきたわ・・・(やけくそ)。
 もちろん、家から出ないから我慢できるのだけど。


 前に横浜に住んでいた時も思ったけど、夏は上水道も「常温」・・・。
 蛇口を全開にして流しっぱなしにしても、一向に冷たくなってくれない。

 札幌時代は、たとえ外が真夏日でもちょっと待てばそれなりに冷たい水が出てきたけれど、ここは待てども待てども「ぬるま湯」のまま。
 
 どう考えても、「水」の温度ではない。
 そこで ピーン! 考えた。
 ここは科学的データを得るために、測ってみよう!(理学部出身だしね)

  ♢  ♢  ♢

 1)時刻午後3時半、外気温34℃、室温27℃の条件下で、台所の蛇口を全開にして流水させる。

 2)建物配管の溜まり水が出切ったと思われる段階で、デジタル温度計を流水に挿入。

 3)温度が一定になるまで待ち、計測。

  ♢  ♢  ♢

 結果はコチラ↓
画像
写真はボウルに流水を貯めた状態で撮影



 ひいいい~っ
 室温とほぼ同じとは・・・どおりで、一向に冷たく感じないわけだ。
 っていうか、私の常識ではもはや 「水」 ではない!

 北海道のみなさん、知ってましたか~。
 そうめんは、水道水じゃ冷やせないんですよ~。氷、氷、大量の氷が必要なのです!

 北海道のそうめん↓
   水水水水水そうめん水水水水水

 よこはまのそうめん↓
   水水水水水そうめん水水水水水