YokohamaniA

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しい夏休み〜第一弾

<<   作成日時 : 2018/08/15 22:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



 今住んでいるあたり、お盆になると、街中から人が消える。

 道路もスカスカ、ショッピングモールも所在無げ〜なおじさんばかり、「女子供はどこに行った?」って感じ。

 お盆休みはとくに連休じゃないけど、8/15は黒猫が休みだったので、空いてそうなところにお出かけした。

画像

 やっぱりハワイよね!

 ・・・

 ・・・

 ・・・すみません、ウソです。

 ここは三浦半島の東の突端、観音崎。
 目の前が浦賀水道、対岸が房総半島。

画像

 観音崎は美術館や博物館、ホテルもある、いわゆる観光地。

 
 海は気持ちがいい。
 岩礁に腰かけて、のんびり海風に吹かれていたいけど・・・あっというまに肌が焦げ始めたので海岸から退散。
 まるで焼き網の上の干物になったような暑さ。
 暑さに慣れるどころか、イライラが募るばかりの毎日なのだった。


 トンネルをくぐって、岬の向こう側へ。
画像

 素掘りなので地層が丸見え〜(嬉しい)。
画像

 トンネルの中は涼しくて気持ちがいい

 トンネル抜けて灼熱の遊歩道を進むと、灯台が見えてくる。
画像

 観音崎灯台。
画像

 この灯台は、日本初の洋式灯台で、明治二年元日に点灯したんだとか。
 その後、台風や関東大震災で壊れ、現在は三代目。

 寄付金200円(寄付と言いながら、強制徴収)を払うと、上に上がれる。
 螺旋階段、凱旋門を思い出すわ〜。
画像


 壁には全国各地の灯台の写真が掲示してある。
 なつかしい、地球岬灯台も。
画像

 
 ぐるぐる上って、てっぺん到着・・・

 ぎゃー!

 こ、 こ、 怖ーーっっっ!!
画像

画像

 足元丸見え、手すり華奢、床傾いてるーーー!!

 私は条件付き高所恐怖症。
 ランドマークタワーのように、膝くらいの高さまで壁があれば割と平気なのだけど、つま先から下が丸見えだと、ゾゾゾーと総毛立ってしまうのよね〜。
 高さじゃなくて、シチュエーションの問題。
 鳴門の渦潮のガラスの床も、同じ理由で近づけなかった。

 そんなわけで、黒猫が一回りしてくるのを灯台のレンズの下でじっと待っていた私・・・。
画像
レンズ


 灯台の上からの写真はないので、灯台前から。
画像

 遠くにみなとみらいがしっかり見える。
 東京湾は、漁船も多い。

 横須賀と富津岬の間の人工島、第一海堡(かいほ)。
画像

 海堡とは、明治〜大正期に東京湾防衛のため湾口に建設された海上要塞。
 第一から第三まであったが、現存するのは一と二のみ。

 こちらは第二海堡。
画像

 第二海堡は第一の二倍くらいの面積で、周囲をしっかりした護岸で囲われている。
 今年から上陸ツアーも始まった。
 興味があって調べてみたけど、横須賀発着で日帰り1万数千円・・・
 激しく予算オーバーだわ。


 観音崎は岬全体が公園になっていて、散策路がたくさんあるけれど、とにかく暑いのでまっすぐ駐車場に戻り車のエアコンで冷却。

 観光地とはいえ、駐車場一回890円て高すぎでしょ!
 一日滞在するレジャー客はいいとしても、通りすがりの観光客には痛いお値段。
 きっと当分再訪しないだろうな・・・。
 




☆おまけ☆

画像

 公園内の車止めは、灯台のデザイン。
 こういうの、誰が考えるんだろう?
 


画像

 灯台の下には、切通しの道がある。
 観音崎は戦時中たくさんの砲台があり、今も岬の突端は防衛省の敷地なので(立ち入り禁止)、これも戦時中の秘密通路なのかもしれない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
楽しい夏休み〜第一弾 YokohamaniA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる