OPENING GAMES 2019(前編)



 春といえば~。

画像

 桜よね、桜

 ん?ここどこ?
 と思ったアナタ!

 春といえば「球春」ですわっ

 野球のついでに東京観光も、ってことで、やってきました「小石川後楽園」。
画像


 東京ドームとすぐお隣の小石川後楽園は、水戸徳川家のお屋敷跡。
 地図によれば、東京ドームシティはもちろん、文京区役所や中央大あたりまでのすべてが水戸家の敷地だ。
 さすが、御三家~。

 一応桜の名所ということになっているけど、みんな先週花見をしてしまったのか、土曜の割にはそれほど混んでいない。

 入ってすぐの枝垂桜が有名らしいんだけど・・・
画像
 ほぼ終わっていた(汗)

 園内は中央の大きな池を囲むように散策路が設けられている。
 ゆっくり回って一時間ほど。
 ベンチも各所にあり、時間つぶしにはもってこい。

画像
大泉水(池)と銘石が並ぶ蓬莱島


画像
内庭(大泉水とは違う池)


画像
花菖蒲田(中央)と藤棚。手前の土の部分では文京区の小学生が田植えをするらしい。


画像
神田上水跡


 神田上水とは、江戸初期に作られた上水道。
 後楽園の敷地を東西に貫き、神田川(外堀)を越えて江戸城内に流れ込んでいた。
 外堀を越えるために作った懸樋のある所が、水道橋という地名の由来


画像
円月橋


画像
通天橋


 さして広くもない敷地の中に、和漢の名所を「これでもか!」というくらい詰め込んである。
 竜田川のそばには紅葉林、木曽川のそばにはヒノキ林、大泉水には竹生島。
 小盧山は中国の盧山を模しているし(似てないけど)、西湖の堤なんてのもある。

 水戸黄門も、ここで風景に合わせた和歌を詠んだり、漢詩を作ったりしたのだろう。
 ついでに悪者も成敗したり(ひかえおろ~!)・・・してないか


 さてさて、本日のメインイベント、野球 ⚾
 と思ったけど、長くなったので後編へ!
 タイトルと中身が合ってない?
 まあ細かいことは気にしない気にしない



<つづく>





☆おまけ☆


画像

 園内は変成岩をはじめとする奇岩・銘石がてんこ盛り。
 左下のは「常陸の小野」の石って書いてあったけど、茨城県のどこなんだろう?


画像

 すでにシャクナゲも。
 初夏の花だと思ってたのに、「自分歳時記」書き換え中