ご近所探索シリーズ 榴岡(つつじがおか)



 仙石線で、仙台駅から東に一つ目の駅が「榴ヶ岡」。
 榴と書いてつつじ。
 躑躅よりは書きやすいが、ディープ仙台市民以外はほとんど読めないと思われる地名だ。

 表記には榴ヶ岡と榴岡の二種類があり、住所は「ケ」なし、建物名は「ケ」あり等とけっこうややこしい。

 当然「丘」なわけだが、川の削り残しなのだろう、段丘面から島状に高まった地形となっている。
 一番高いところに鎮座しているのが、榴岡天満宮という神社。
 梅が咲いているというので、散歩にちょうどいい距離だしと出かけてみた。


DSC_0165-2.JPG
 おおー、咲いてる。
 横浜では正月から咲いていてすっかり季節感が狂ったが、やっぱりこれくらいの時期が(私には)しっくりくる。

 
 天満宮の祭神は、もちろん菅原道真。
 学問の神様なので、受験生やその親のような参拝者がちらほら。

DSC_0167-2.JPG
 本殿入り口にある茅の輪。
 くぐるだけで合格できちゃうとはさすが秀才菅公だ。


DSC_0170-2.JPG
 天満宮だけに、狛犬じゃなくて狛「牛」。


DSC_0169-2.JPG
 境内にあった「撫で牛」。
 鹽竈神社にも同じものがあったけど、この地方では人気のアイテムなのかな?



 この天満宮は、江戸時代に「落雷」で焼けているらしい。
 全国に天満宮は数あれど、落雷で焼けたのはここだけだとかで、「雷神=菅公」であることから、菅原道真が唯一地上に降臨した天満宮というのをウリにしているようだ。
 ちなみに松尾芭蕉も訪れ、句をしたためている。



 天満宮のとなりは榴岡公園。
 桜と萩の名所らしい。
 どちらも季節はこれから、咲くのが楽しみ。



☆おまけ☆

 榴ヶ岡駅から仙石線に乗ろうとしたら、やってきたのはラッピング電車だった。
DSC_0171-2.JPG
 わー、009!


DSC_0172-2.JPG
 こちらは001と003、先頭部分は仮面ライダー。

 
 調べてみると、これは「マンガッタンライナーⅡ」という車両なのだそう。
 これに乗って石巻の「石ノ森萬画館」に行くと、記念乗車証が貰えるらしい。

 実家にあった「サイボーグ009」はいつの間にか捨てられちゃってたんだよね。
 また読みたいわ~。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)