蔵王の旅



 やっと遠出!
 ドライブ!ドライブ

 チョー久しぶりに一泊でお出かけ。

 目的地は仙台の南西50キロ弱、県境のコチラ♪⇩  

CIMG5009-2.JPG
 蔵王の御釜(おかま)。
 山頂の火口湖で、晴れた日にはきれいなエメラルドグリーンに見えるはずだけど、この日はちょっとイマイチ。
 それでも自然の荒々しい美しさを存分に楽しめる。


 ちょうど高山植物の時期。
CIMG4995-2.JPG
 高山植物の女王、コマクサ。


CIMG5027-2.JPG
 イワカガミ。


CIMG5017-2.JPG
 (たぶん)ハクサンチドリ。


 6月とはいえ、日陰にはそこかしこに残雪が。
 山スキーの人たちもいる。
CIMG5010-2.JPG



 山頂駐車場や御釜は宮城県の土地で、西側にあるスキー場や温泉街は山形県。
 本日は蔵王温泉にお泊り。
 宿にチェックインし、温泉街を散策。

 温泉街を流れる酢川。
CIMG5050-2.JPG
 湯気がモワモワ。


collage01.png
 共同浴場がたくさんある。
 写真を撮っていたら、半裸のオヤジが出てきて驚いた


CIMG5045-2.JPG
CIMG5048-2.JPG
 石垣の間や、駐車場の下に源泉が・・・。
 源泉とまではいかなくても、温泉街のそこここから水が染み出し、石垣などに白い航跡を残している。
 こんなに地下水位が高く、それも硫化水素たっぷりで、家々の土台は大丈夫なのかと思う。



 昔住んできたときに何度かスキーに来ていて、散策しながら名物の「玉こんにゃく」を食べた記憶があるが、コロナのせいかどうか、店頭で昔ながらの名物を売るお店は見当たらなかった。

 その代わりに見つけたのが、「いが餅」という看板。
 数件の店頭に「売り切れ」とあり、早い時間に売り切れるほどの人気商品なのか、それともコロナで作ってないのか。

 ついに一軒で「いが餅あります」のボードを見つけ、勇んでカウンターに行くと、16時入荷とのこと。
 どうやら売り切れ必至の人気商品であるらしい。

 ロープウェイのほう(温泉街と違いリゾートっぽい)を一回りして、時間通りにお店に戻ると、すでに先客が購入中。
 すんごい大量に買ってて、「私の分なくなっちゃうよー!」と思ったが、大丈夫でした


CIMG5053-2.JPG
 稲の花の餅、と書いていが餅。


CIMG5055-2.JPG
 一枚の笹の葉に3つ団子が乗って「一個」、三個入りを買った。


CIMG5056-2.JPG
 中にはこしあん、表面には稲の花に見立てたらしい色付きの米粒が載せてある。
 味は素朴ながら飽きのこない甘さで美味しい。



 蔵王温泉は、キョーレツな酸性。源泉ではph1.5だとか。
 宿は源泉かけ流しだったが、内風呂・・・温度を確かめるために入れた足先が「痛ーっ!」というほどの熱さ
 露天風呂はそれなりの熱さになっててゆっくり入れたけど、ちょっとあの内風呂の温度はないわ。
 おかげで大浴場がガラガラだったのは良かったけど 。
 
CIMG5035-2JPG.JPG
 こちらは共同浴場脇にあった「コンクリートの酸性耐久試験中」の手湯。

 
CIMG5037-2.JPG
 ちょっとかき混ぜると湯の花がモクモク。


 新型コロナによる自粛の影響で、本来有料のはずの貸切風呂が無料で使えてちょっとラッキー。
 遠くに山並みを望みながらの湯あみ、もうサイコーですわ



 そしてお待ちかねの夕食は、これも感染対策で個室。

CIMG5061-2.JPG
 一番安いプランなのに、こんなに広々と部屋を使っていいのか?って感じ。


CIMG5063-2.JPG
CIMG5071-2.JPG
 夕食のお供には山形の地酒を頂いて、美味しいものをたらふく食べて、幸せ幸せ



 翌日、温泉街から山を下っていくと、眼前に残雪の山並みが。
CIMG5073-2.JPG
 真西には朝日連峰。
 一番高いのが大朝日岳、1870メートル。
 写真では一番左側のがそうかな?


CIMG5079-2.JPG
 北西に広がる平野の向こうには月山(がっさん)。
 出羽三山のひとつで、いかにも火山といった山容。


 蔵王山麓の直売所でさくらんぼ(旬です♪)を買い込み、目と体と口が幸せな旅は終わったのであった。

 帰ってから一週間ほど、体が「硫黄臭」だったのはさすが源泉!











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い