秋の旅 二日目



 鳴子温泉から、県境を越えて山形県へ。

 去年訪れた鳴子峡を通り過ぎ(シーズンオフでガラガラ)、「トレすご」をするために堺田(さかいだ)という駅に寄る。

 あ、トレすごっていうのはJR東日本のアプリにある、トレインすごろくのことね。
 「駅の周辺でボタンを押すと駅名を集められる」という機能があって、目下お出かけの度にあちこちの駅に立ち寄っている(車なのに!)。
 五十にして天命を知ったはずなのに、一体私は何をしているのか・・・

CIMG5133-2.JPG
 何のヘンテツもない田舎駅なんだけど・・・
 「堺田」とはまさしくあるものの境界なのであった。


CIMG5136-2.JPG
 ここは太平洋と日本海の分水嶺
 奥羽山脈のただなかに在って、標高はたったの338メートルという、分水嶺ファンにとってもテツにとっても要チェックな場所。


CIMG5138-2.JPG
 看板の後ろには、ご丁寧に水路まで。
 ミニ鳥居のほうから流れてきた水は、石碑の手前で左右に分かれていく。
 試しに葉っぱを浮かべてみたが、石碑の裏でしばらく漂った後、そこで何か決心したようにあるものは日本海側へ、あるものは太平洋側へとゆっくり流れていった。
 人生も、分水嶺のような選択の連続なのだろう、と静かな流れを見て思った。


 この道は、出羽街道中山越という古ーい時代からの街道。
 まっすぐ西に向かえば新庄、南西に下れば尾花沢。尾花沢へのルートは松尾芭蕉も通った奥の細道だ。

CIMG5141-2.JPG
 尾花沢はそばの産地で、谷あいのそば畑はちょうど花の季節。
 あと数ヶ月で新そば食べられる、楽しみだ~。


 尾花沢市街の手前からまた山間に入り、細い谷を上り詰めると、そこが「銀山温泉」。

CIMG5153-2.JPG
 大正から昭和初期のレトロな木造建築が立ち並ぶ。


CIMG5157-2.JPG
 ここは「おしん」で泉ピン子が働いていたという設定でロケが行われた「能登屋旅館」。


CIMG5149-2.JPG
 各旅館の外壁には、カラフルなパネルが嵌まっている。
 これは左官が漆喰にコテで描いた「鏝絵(こてえ)」というもので、季節の風物や屋号の意匠をあしらい、ウィットに富んだデザインのものもある。




 銀山、というだけあり、温泉街の裏山には鉱山の遺構があり、遊歩道が延びている。

CIMG5159-1.JPG
 疎水坑口という坑道跡。
 入り口から10メートルほどまでしか入れないが、支保もないのに形がキレイに残っている。


CIMG5170-2.JPG
 少し先には滝も。
 滝の下には大きなスーツケースを引きずった観光客もいた。
 コインロッカーとかないのかな?この温泉地には。


 散策路はずっと先まで続いているが、未舗装をガシガシ歩ける靴ではなかったので、ここで終了。

 おしんのほか吉永小百合のJR東日本のCMでも使われていたから、年配の観光客が多いかと思いきや、若い子多数、それも男子グループ多し!
 若い男の子、なんで連れ立ってこんな山奥の温泉に来るの?と思って検索してみれば、どうやら「アニメの聖地」であるらしい。
 そこだけ行列になっていたテイクアウトの飲食店は、登場人物が食べた店だから・・・はあ~、なるほど。

 温泉街は谷のどん詰まりにあるため、近くに駐車場スペースがなく、500メートルほど離れた場所に強制的に停めさせられる。
 車に戻るころには、下界から次々とやって来る車で渋滞。

 尾花沢でそばを食べようと市内へ向かうが、さすが日曜日、12時前というのにめぼしい蕎麦屋はどこもすでに行列だった。
 車の半分以上は仙台、宮城ナンバー。
 山形のほうが美味しいものたくさんある感じがするもんね。

 急に疲れたのでとっとと帰ることにして、道の駅でさくっと「芋煮」。

DSC_0009-2.JPG


 コロナで我慢しまくりだった反動で、この秋はどこも混雑しそう・・・(GoToあるし!)



☆おまけ☆

CIMG5145-2.JPG
DSC_0008-2.JPG
 温泉街には手湯や足湯がある。
 でも、キョーレツに熱い・・・。
 みんなわりと平気な顔で足湯に浸かっているので、きっとこれが東北標準なのだろう。


CIMG5172-2.JPG
 温泉街の放水銃。
 木造旅館ばかりだし、消防車も入れないほどの道幅だから、こういうものが必要なんだね。
 レトロな木造旅館は憧れるけど、火事は怖いし、足音や家の軋みが気になりそうだから(寒そうだし!)、やっぱり泊まりに行ってはみないかな・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い