テーマ:旅行

元号またぎの旅~その2

 明けて令和元年最初の日。  いよいよ新しい時代か~。  平成になった時は大学生。  それから就職・転勤・結婚と色々あったし、引っ越しも5回もした。  あっという間だったような、ウンザリするほど長かったような・・・。  この先はどうだろうか。  五十代で事故や病気でポックリ死ぬかもしれないし、うっかり百歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号またぎの旅~その1

 明けて4月30日。  平成最後の日  群馬から、内山峠経由で長野県へ向かう。  本日の第一目的地。  県境にある、神津牧場。  日本最古の洋式牧場なんだとか。  お天気悪いし、標高も高いので、気温は14℃。  暖房入ってないから建物寒う~。  でも食べちゃう、ジャージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の旅 後編

 朝。箱根は標高が高いので、けっこう寒い。  車の窓ガラスもこの通り。  今日は東京への民族大移動に引っかからないよう、早めに出発。  宿からちょっと進むと「左 大涌谷」の分岐が。  周囲を見渡すも、車、全然走ってない。    事前のリサーチによれば、大涌谷の駐車場はキャパが少なく、紅葉シーズンなどは「数時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の旅 前編

 久しぶりに車で遠出 (^^♪  東名高速で西のほうへ。  三日なので、下りは楽勝と思っていたが、横浜町田インターの手前から渋滞・・・。 びちびち  横浜町田インターは、三車線の本線に二車線で合流してくる(それも、ほとんど渋滞気味で)から、詰まるのはあたり前。  海老名まで片側四車線化の工事をしているので、数年後にはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の旅 二日目

 温泉恒例、早起きして(といっても六時)大浴場へ。  かなり空いていて、大理石風呂独り占め。  離れの客室の半分くらいは部屋に露天風呂が付いているからかな。  この大浴場は入口が二つあるけど中の脱衣所は一つ、浴室はそれぞれ別の入口のある大きい部屋と小さい部屋が壁で仕切られていて、中で行き来はできないようになっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州の旅 一日目

 久しぶりに関東脱出。 佐久平から浅間山を望む  今回の目的地は、信州の鎌倉と言われる別所温泉。  なんと日本武尊が開湯し、枕草子にも記載があるほど古いのだとか。  近くには国分寺跡もあるくらいだから、信州でもっとも早くから開けた地方なのだろう。  黒猫家に寄って両親を乗せ、千曲川左岸ののどかな丘陵地をドライブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の旅 後編

 朝ごはんを食べてから、ホテルまわりを散策。  ホテルの一階は、部屋から直接プールに出られるようになっている。  もしかして、一階が一番高い部屋なのかな?  河津桜も咲いてるし~。  今日もかなり寒いけど、やっぱり伊豆は南国なのね。  砂浜も久しぶり。  ちょうど潮が引いたとこだ。  午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の旅 中編

 河津駅は、この辺りの観光の拠点。  バスの窓口で、河津七滝(ななだる)行きの切符を買う。  最初、一番上流側の滝まで行って、散策しながら降りてくるコースを考えていたが、バス窓口のおばあさんによると歩くだけで一時間半かかり、帰りは五時頃になってしまうとのこと。  冬で日が短いし、あまり遅くなると温泉に入る時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の旅 前編

 こっちに来てから二度目の伊豆。  今回は電車でGo!  新横浜駅から新幹線で熱海まで。  新幹線、乗りたかったのよ~(乗り物好き)。  黒猫はフンパツしてグリーン車を取ってくれた。嬉しー!!  人生初の新幹線グリーン車  さすがに新幹線は早い。  最初は家々の立ち並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野・群馬 県境散策

   久しぶりに長野へ向かう。  行楽シーズンの三連休、雨がちなのに朝から高速は渋滞。  「高速が混んでるってことは・・・  じつは下道、走りやすい???」  という何の根拠もない予想をもとに、家からほぼ真北を目指して一般道を行く。  田園都市線越えて~  小田急越えて~  京王線もくぐったし~  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座・草津の旅 その2

 早朝に起きてまた温泉に入り、ご飯を食べて、出発。  万座温泉の谷からヘアピンカーブを登りつめたところが国道292号、通称「草津・白根ルート」。  この道は群馬県の草津温泉から長野県の志賀高原に抜けていて、その途中に「日本国道最高地点」がある。標高2172メートル。  連休後半戦初日、道路はすでに渋滞気味(こんな山奥な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座・草津の旅 その1

   連休谷間の平日、ガスパールで北に向かう。  目的地は関越方向だけど、単純往復ではつまらないから、とりあえず東北道方面へ。  我が家から東北道に向かうには色々ルートがあり、そのうちのカーナビおすすめ 「綱島街道 → 中原街道 → 首都高中央環状線 → 首都高川口線 → 東北道」 をチョイス。  中原街道を五反田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州&信州の旅 その3

 8月13日土曜日。お盆本番。  下り線はもちろん渋滞だけど、そろそろ上りも混み始めるという予想もあって、早めに出発。  朝というのに、もうすでに佐久ICも軽井沢ICも渋滞発生中。高速に乗る人も降りる人も多いのだろう。  このあたりは黒猫の庭のようなもの、一般道で横川に向かう。  軽井沢までは裏道を駆使し、18号バイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州&信州の旅 その2

 久しぶりに、エアコンなしで寝た。  内陸の山間部なので、朝晩は涼しい。  今日は浅間山の北麓を回って佐久市に向かう。  宿のあるみなかみ町から、峠越えをして中之条町に抜け、国道145号に出る。道端には「真田街道」と書かれた六文銭の幟が。 上田と沼田を結んでいるから真田街道ってわけね。  中之条町からしばらく進むと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州&信州の旅 その1

 毎年恒例、民族大移動の季節。  いつもテレビで見て「本州人は大変ね~」と思っていたけど、今年からは自分が当事者になってしまった・・・。  家でじっとしててもいいんだけどね。  でも待ってる人がいるし、結局この時期しか休めないから、世間の人々と一緒に首都圏脱出行とあいなったのだった。  朝から東名○○キロ渋滞、東北道××…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の旅

 気を失うほどの暑い日か、雨で不快指数1500%の日のどちらかしかない今日この頃。(すいません、大げさで・・・でも外出するにはあまりにつらい日々なの)  毎日が我慢大会といっても過言ではない。  それでも私は家に籠っていれば済むけど、通勤する黒猫はホント大変。  というわけで、気分転換に春以来の一泊旅行に出かけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試練の甲信ドライブ その2

 今日は黒猫の実家に寄って、横浜に帰る行程。  「真田丸」で話題の「上田城」に寄る予定だったけど、花見時期の上、ただでさえ狭い上田市内に観光客が押し寄せている現状を考えると、私の今の精神状態では「とてもムリ!」なので、泣く泣く通り過ぎた。    大体、本州の住宅地や田舎道って、恐ろしく走りにくいんだよね。  北海道の場合、田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試練の甲信ドライブ その1

 一泊の予定で、甲信方面に旅に出た。  中央高速で山梨方面に向かう。天気は上々。  朝7時に出発したので、道路も比較的空いている。もちろん、「比較的」であって、北海道で言えば札幌~千歳間の交通量。    大月ジャンクションから都留方面へ入ったところで、リニア実験線の下をくぐる。  こんな所にあったんだ。  残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新居への旅 後編

 いつでもどこでもグースカ眠れるのが私のいいところ。    朝起きたら気仙沼沖で、ゆっくりと沿岸を南下し、七時には金華山沖まできた。 金華山を北東から望む  震災の後、東北地方は一度も訪れていない。  昔行ったことのある沿岸の地名を地図で辿りながら、この5年のことを考えた。  船からでは震災の爪痕はまったくわからない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新居への旅 前編

 いよいよ引っ越し。  朝イチから業者が来て、段ボールをどんどん運び出していく。  長距離便だからなのか、家電や家具をこれでもか~という感じでぐるぐる巻きにしていく。我が家は物の多さもさることながら、家具が一軒家サイズ。梱包に時間がかかる、かかる。  二時間たってもさっぱり終わらず、あとから二人追加の五人体制でまるまる3時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線と函館の旅 後編

 南向きオーシャンビューの部屋は、日の出もばっちり。 お部屋の露天風呂から  朝ぶろに入り、朝ごはんをしっかり食べて、また路線バスで函館駅まで戻る。  ロッカーに荷物を預け、「市電」で五稜郭へ向かう。 コカ・コーラ広告の市電。一日三回見るといいことがあるらしい。  市電は大半が観光客。外国人も、不慣れな様子もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線と函館の旅 中編

 新函館北斗駅から、臨時のローカル線で函館駅に戻る。  ロッカーに預けてあった荷物をピックアップして、路線バスで湯の川温泉へ。  本日のお宿は、海岸沿いの「渚亭」。  お部屋はオーシャンビューの源泉露天風呂付き。  お部屋に露天風呂があるホテルは道内にたくさんあるけど、必ずしも「温泉」とは限らない。ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線と函館の旅 前編

 雪まつり終盤の2月10日。  特急北斗に乗って、函館に向かう。    今回の旅は、46年間の姉妹生活で初となる、姉との一泊旅行。  考えてみれば、子供のころは他の家族と一緒だったし、私が18で家を出てからはお互い遠く離れていたし、そのうち姉には子供ができて・・・と、二人きりでお泊りする機会はなかったのだった。  今後しばらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜に行ってきた

 黒猫と、一泊二日でおでかけ。  札幌は午後から雪予報だったので、早めに空港へ。雪まつり期間中のうえに明日から春節というわけで、どこもかしこも大混雑。  たっぷり時間があったので、空港内を探検。 JALの歴代制服とか モデルプレーンとか 雪ミクとか 政府専用機とか(たまたま遭遇)  機内は大荷物の乗客で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月の旅

 ここ数年、お正月は登別温泉に1泊し、帰りに実家に寄ってから札幌に戻るのが定番の過ごし方。  元日、穏やかなお天気。朝イチで六花亭円山店の福袋を手に入れ、マルヤマクラスの初売りに参加したあと、高速で南へ向かう。  樽前山がいいカンジ。 送電線が邪魔~  登別温泉は毎年泊まる宿を変えていて、今年は「ゆもと登別」。ここに泊ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯広の旅 かえり

 次の日も、朝からパッとしない天気。お隣のホテル大平原では気球が上がっている。  朝ごはんはビュッフェ。種類がたくさんあって、味もいい。この前のくるるよりいいぞ~。  ホテルの前からまた路線バスで帯広駅に戻る。通勤時間なので、途中から普通のお客さんも乗ってきて、ちょっとヘンな感じ。  バスターミナルで、真鍋庭園への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯広の旅 いき

 夏休み。   珍しく、JRで帯広に行くことにした。  今回の旅はとまチョップと一緒(・∀・)  残念ながら、お天気はいまいち。どんよりした雲の下を「スーパーとかち」で東へ向かう。  乗り物好きの私だけど、特急に乗るのは・・・もしかして、ユーロスター以来?札幌に住んでると、仕事でもなきゃ特急なんて乗ることないもんね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年ロンドン・パリ旅行記 その16~後日談とおまけ

【色々その1】札幌に戻ってから、病院に行った。診断結果は、やはり帯状疱疹だった。  診てくれたのは初老の女医さん。「帯状疱疹は冷えが大敵ですからね!とにかく冷やしちゃダメ」「帯状疱疹は怖い病気なのよ。ちゃんと直さないと、ひどい神経痛になって日常生活にも支障が出たりしますからね」と何度も言い、その度に凱旋門の冷たい石段や、寒風吹きすさぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年ロンドン・パリ旅行記 その15~最終日もたくさん買いました

 いよいよ帰国の日。  ずーっと体調がおかしいままだったので、ちょっぴりフラストレーション。その割には精力的に観光できたけど。  飛行機の出発は午前中で、朝7時半にガイドさんがお迎えに来る。巨大なベンツのセダンで一路空港へ。途中、札幌では見かけないほどの渋滞にはまったけど、9時前には空港着。チェックイン後、ガイドさんと別れて出国審査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年ロンドン・パリ旅行記 その14~オルセー美術館、そして食べる!食べる!

 シャンゼリゼ大通りから、メトロとRERを乗り継いで、オルセー美術館到着。  入口はルーブル以上の行列。今日はルーブルが休みだから、その分も増えているのかも。ここで、ミュージアム・パスが威力を発揮!横の優先入口からほとんど並ばすに入場できた。  残念ながら、オルセー美術館は写真撮影禁止。そのため絵の写真はない。知ってか知らずか写して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more