秋の旅 二日目

 鳴子温泉から、県境を越えて山形県へ。  去年訪れた鳴子峡を通り過ぎ(シーズンオフでガラガラ)、「トレすご」をするために堺田(さかいだ)という駅に寄る。  あ、トレすごっていうのはJR東日本のアプリにある、トレインすごろくのことね。  「駅の周辺でボタンを押すと駅名を集められる」という機能があって、目下お出かけの度にあ…

続きを読むread more

秋の旅 一日目

 四連休。  絶好の行楽日和に、家に籠っていられるか!というわけで、県北方面に一泊でお出かけ。  いつもは通らない、県のど真ん中の農村地帯をビューンとドライブ。  宮城県は、東の北上山地と西の奥羽山脈の間に肥沃な平野が広がり、東北有数の穀倉地帯となっている。  黄金色になりつつある水田を眺めながら、「来月は新米が食べられ…

続きを読むread more

慶長遣欧使節と政宗の野望

 雨模様の一日。  かねてより気になっていた、仙台市博物館に出かけた。  今年は支倉常長帰国400年ということで、博物館収蔵の「慶長遣欧使節関係資料」が公開されているのだ。  慶長遣欧使節関連の話題はこちら(6月6日の記事)  仙台市博物館は、青葉城の三の丸にある。  エントランスには七夕飾り。…

続きを読むread more

いわきでリサ・ラーソン

 数十年ぶりに、福島県のいわき市へと向かう。  仙台から南へ、太平洋を左手にのぞむこのルートは、道路が常磐道、線路が常磐線。  「常」陸(ひたち)の国と、「磐」城(いわき)の国を通るからこの名前であるが、もちろん途中にはあの「福島第一原発」がある。  高速の常磐道を南下していくと、路肩に「放射線量」と書かれた電光掲示板…

続きを読むread more

7月を振り返る

 7月は、毎日のように雨が降った。  気象庁によれば、降水ゼロだったのは7/3だけで、これは観測史上初だったそうだ。  おかげでというか毎日気温が低めで、暑いの苦手な私には、大層過ごしやすい毎日だった。  空が広いので虹もキレイ。  雨に合うのは紫陽花。  大年寺山公園のアジサイの小道。 …

続きを読むread more

蔵王の旅

 やっと遠出!  ドライブ!ドライブ  チョー久しぶりに一泊でお出かけ。  目的地は仙台の南西50キロ弱、県境のコチラ♪⇩    蔵王の御釜(おかま)。  山頂の火口湖で、晴れた日にはきれいなエメラルドグリーンに見えるはずだけど、この日はちょっとイマイチ。 …

続きを読むread more

サン・ファン・バウティスタ号

 夏が近づき、少し蒸し暑さを感じるようになった6月初旬。  仙台の東、仙台湾に面する石巻市へ出かけた。  目的は、この船 ⇩  サン・ファン・バウティスタ号という。  時代を遡ること四百数年、江戸時代の初期。  ここ仙台の伊達藩は、スペインの技術を用いて長距離航海に耐えうる帆船を現石巻市内にて建造し…

続きを読むread more

秋保大滝

 4月29日以降、新規感染者の出ていない仙台。  連休後半からはすでに「解除カウントダウン」モードで、街の空気は明らかに緩んだ感じだった。  予想通り、5月31日を待たずに、宮城県は「緊急事態宣言解除」となった。  不要不急の用もない私は、その後も自粛生活を(それが横浜時代からの「常態」だったし!)続けていたけど、さす…

続きを読むread more

コロナとともに

 新型コロナ自粛が本格化した四月。  西は仙台駅、東は四号線より向こうには行かないという(直径5キロの円内)、本格的自粛生活のひと月だったわ~!  こんなに籠っていてウツにもならない私って、ある意味スゴイ???  近くの松音寺。いつもは毛氈が敷かれて花見客で賑わうのだとか。門は政宗の若林城から移築したものらしい…

続きを読むread more

コロナな日々

 いやー、コロナ。  いよいよ蔓延モードでテンション下がりまくりの毎日。  近くのサンプラザの予定表は御覧の有様。  コンサートはともかく、卒業式に震災イベントまですべて中止とはね。  宮城県はまだ数人しか感染者はいない(ことになっている)けど、他の地方はじわじわと増えつつあり、予防措置としては仕…

続きを読むread more

山形遠征

 コロナ騒ぎはまだまだ続く。  宮城では、ただいまクルーズ船下船者一人のみが感染判明。  山形県はまだ発症者がいないようなので、陽気もいいし、ちょっくらお出かけ。  山形県は宮城県のお隣、県庁所在地である仙台市と山形市は直線距離45キロ、両市はなんと県境で接している。  車、電車とも一時間ほどの行程で、関東圏なら余裕…

続きを読むread more

ご近所探索シリーズ 国分寺

 仙台近郊は、東北では最も早く大和朝廷に組み入れられたので、当時の史跡が色々と残されている。  仙台駅の東南約2キロに位置する国分寺もその一つ。  新型コロナ騒ぎで自主的引きこもり状態にあったが、人気のない屋外ならあまり問題ないだろう、とぶらぶら散歩に行ってみた。   ♢  ♢  ♢  ここで歴史のおさら…

続きを読むread more

デカメロン

 新型コロナ、と言って往年のトヨタ車を思い浮かべるのは昭和世代。  うちの父親も乗ってたし!  いやいや、世の中トラブル続き(生活笑百科風に)、新型コロナウイルス絶賛拡散中ですわ。 ダイヤモンドプリンセス、2017年撮影  件の客船は横浜港で何度も見たけど(見学会に応募したこともある、ハズレたけど)、まさかこんな…

続きを読むread more

ご近所探索シリーズ 榴岡(つつじがおか)

 仙石線で、仙台駅から東に一つ目の駅が「榴ヶ岡」。  榴と書いてつつじ。  躑躅よりは書きやすいが、ディープ仙台市民以外はほとんど読めないと思われる地名だ。  表記には榴ヶ岡と榴岡の二種類があり、住所は「ケ」なし、建物名は「ケ」あり等とけっこうややこしい。  当然「丘」なわけだが、川の削り残しなのだろう、段丘面から島…

続きを読むread more

キラキラとしんみり

 仙台に来て初めて、三陸方面に出かけた。  三陸地方は宮城と岩手の太平洋側を指す名称で、岬と湾が入り組んだリアス式海岸の続く景勝地である。  平成の大合併で「南三陸町」が出来たため、用語としては使いにくくなったが、気仙沼以南を概ね南三陸という。  仙台から石巻をかすめて、志津川湾へ向かう。  この道は内陸と太平洋を結…

続きを読むread more

県南の旅

 今朝も日の出鑑賞。  毎日早起きだわ~(日の出が遅いだけ)  このあと仙台の「初売り」という超有名イベントに参戦したものの、よそ者がふらりと行ってお買い得品をゲットできるほど甘くはなく、皆の気迫に押されまくって、何軒か覗いただけで帰宅した。  そして午後から本日のメインイベント~、お…

続きを読むread more

令和初の年末年始

 あけましておめでとうございます  新居は、初日の出を見るのにばっちりなロケーション。  といっても、低いところに雲があって水平線からは登ってくれなかったけど。  大みそか、いつものように紅白を見るともなく見て、さて寝ようかなと思ったら、「ゴーーーン」と鐘の音が。  テレビの中…

続きを読むread more

冬至

 冬至と言えば、ゆず、かぼちゃ。  でも今日はコチラ ⇩  吉野家の「ポケ盛」。  19日からスタートした企画で、モンスターボール柄のどんぶりがカワイイ  食べ終わると、どんぶりの底に隠れているモンスターが見える。  これはヤドン。  そしておまけのフィギュアはトリト…

続きを読むread more

光のページェント

 仙台の冬といえば・・・  仙台光のページェント  定禅寺通りのけやき並木に、電飾を付けてある。  けやきは仙台を代表する街路樹で、天に向かって枝が広がる樹形が美しい。  メディアテークのガラス張りの部分には光が映り込んでキレイ。  すべての木に配電盤が付…

続きを読むread more

辺境の甍

 多賀城(たがじょう)市は、仙台の北東約10キロに位置する。  そこにある県立東北歴史博物館で、気になる企画展をやっていたので出かけてみた。  昨今の博物館とか美術館は、入り口までがとても遠い。  前庭がガラーンと広い作りなのは、西洋の元々宮殿だったミュージアムを真似ているからだろうか。  あれは馬車で乗り付ける…

続きを読むread more